4月に在宅医療連携会議の作業部会(8日)全体会議(22日)が行われました。

IMG_0339 IMG_0384
4月8日 作業部会                      4月22日 全体会議

 

玖珠郡医師会は、平成25年度から医療と介護の連携を推進する「在宅医療連携会議」を立ち上げて活動してきました。平成26年度は主に研修活動に力を入れました。

郡内で活動する多くの専門職の方々と共催で研修会を開催してきました。昨年度、実施した内容を紹介します。

5月29日 「訪問看護にできること」
講師:訪問看護ステーションいわさと看護師 財津丸美氏
6月18日 「在宅医療の現場から~訪問診療の実際~」
講師:日田市隈診療所医師 宮崎秀人氏
7月27日 「訪問リハビリにおける指示書とかかりつけ医師の情報提供の違い」
講師:玖珠町高田病院 理学療法士 松尾理氏
9月5日 「医療と介護の連携について-26年度診療報酬改訂のポイント-」
講師:(株)大分医業経営企画代表 衛藤恭男氏
9月24日 「在宅における服薬管理を多職種でどう解決していくか」
講師:玖珠郡薬剤師会長 かすが薬局薬剤師 小野哲郎氏
10月31日 「本人と家族のQOLの向上を目指して」
講師:玖珠町長内科小児科医院 院長 長益悦氏
講師:湯布院病院訪問看護ステーション看護師 平井豊美氏
11月19日 「認知症と生活習慣病~認知症にならないために~」
講師:大分大学医学部付属病院医師 吉岩あおい氏
12月1日 「摂食・えん下障害」
講師:平松学園 言語聴覚士 平岡賢氏
1月26日 公開講演会「食べる幸せ噛みしめて」
講師:日本大学松戸歯学部教授 野本たかと氏
3月11日 多職種情報交換会
「入退院時情報提供書の利用状況」
講師:玖珠町社会福祉協議会 古後良子氏
「在宅医療連携活動に期待すること」
講師:西部保健所所長 池邉淑子氏

 

在宅医療連携会議は、下記の団体で構成しています。「地域における包括的かつ継続的な在宅医療の提供を目指すこと」を目的に、医療と介護の連携を図ることができるように、専門職の方々による全体会と作業部会を設けて協議を進めています。

 

27年度は、以下のテーマを中心にすすめていきます。

  1. すでに活用を始めている「入・退所情報連絡表」の活用ルールを明確化して、医療と介護の間で、切れ目のないサービスを提供できるように情報提供票の活用を拡大していく。
  2. 専門職能団体が実施する研修に、他の専門職も参加できるようにして、お互いの顔の見える関係作りをすすめます。そのために、各団体の研修計画を一覧にして多職種研修会にする。

 

《構成団体》玖珠郡医師会、玖珠郡歯科医師会、玖珠郡薬剤師会、玖珠郡看護ネットワ

ーク、玖珠郡栄養士会、玖珠郡リハビリ部会、玖珠ここのえヘルパー会、老人保健

施設相談員部会、医療ソーシャルワーカー協会、玖珠町地域包括支援センター

九重町地域包括支援センター、玖珠郡ケアマネージャー協議会、玖珠町福祉保健課

九重町健康福祉課   以上15団体